毛深い女の脱毛女史

毛深い女の脱毛女史
子供の頃から毛深い事が悩みです。
小学生の高学年の時には、男子から直接「毛深いな」と言われ、かなりのトラウマになっております。

■初めて買ったシェーバー。これで毛深いのを卒業?

中学に入り小遣いを貯めて、初めてシェーバーを買い「これでもう大丈夫だ!」と思いました。
ですが、シェーバーで毛を短くカットしても、跡はポツポツと黒いですし、次から生えてくる毛が
濃く太くなり、手触りはザラザラ、もう散々でした。
シェーバーさえあれば解決すると思っていた思春期の私は、物凄く落ち込みました。
テスト期間になると、現実逃避から勉強の合間に毛抜きでムダ毛をいっぱい抜いていました。

■成人したので、脱毛エステへ

自分の悩みは友人にあけっぴろげて相談するタイプでしたので、友人は皆私の毛深い悩みを知っていました。
その中の一人が「脱毛エステに体験行きたいから、良かったら一緒についてきてよ」と提案してくれました。
脱毛エステは色々営業されて大変と聞いていたので、若干不安で自分だけで行く気はなかったので
この友人からの提案は願ったりかなったりで、早速一緒に体験に行きました。

TBCのワキ脱毛体験で、結構痛かったのですがササっと処理してもらえ、特に営業もされず体験だけで
ジュースをもらって帰る事が出来ました。
毛のサイクルがあるので、その1回だけでワキがツルツルという事はありませんでしたが、しばらく
綺麗な状態だったので、これは受けて良かったと思いました。
ただ、数十万を美容の為に払える程の余裕はなかったので、それっきりエステには近付いていません。

■結局セルフでケア出来る脱毛器を購入

バイト代で脱毛器を買いました。
ヘッドの付け替えで、ワキやウデ、足の脱毛が出来て、シェーバーにもなるタイプです。
もともと肌が弱いので、ケア後は肌が粉っぽくなってしまいましたが、とにかく手軽に毛がガンガン抜けるので
重宝してよく使いました。
ただ、使えば使う程、ワキが黒ずんできましたし、完璧に抜くのは大変で、毛抜き(手作業)が必須でした。

結婚式の前もワキ等はセルフで処理していたので、派手に腕を上げる事は出来ず・・・。
一番いい時に、お金をかけてでもエステで処理しとけばよかったかなと今更ながら後悔しています。

私の脱毛に関連したリンク 
全身脱毛について

おからパウダーで節約料理

おからは、食物繊維など体に良い栄養が入っていることもあって、買い置きに「おからパウダー」を買っています。最初は通販などで、おからパウダーを買っていたのですが、少し価格が高めかなぁと思っていました。でも、スーパーのプライベートブランドのおからパウダーを見つけてからは、とてもお手頃な価格で買えるので、今は遠慮なく使ってます。

おからパウダーを使った料理で、一番お得だなぁと感じたのはオムライスやオムレツです。いつもオムライスは1人前でタマゴ1個しか使わないので、ちょっと寂しい感じのオムライスでした。そこでタマゴにボリュームを出そうと、おからパウダーを大さじ半分より少し多め位と水を少量をタマゴに加えると、タマゴを2個位使った感じに仕上がりました。それをアレンジして、プレーンオムレツを作る時にも、おからパウダーと水を加え、ふっくらとさせるために、重曹も少々加えてみました。これも、タマゴ1個で作ったとは思えないオムレツになりました。

もちろん、おから料理の定番である「卯の花」を作る時もあります。卯の花は多めに作って余った時は、パスタを和風に味付けしてから、最後に卯の花を絡めたりします。その他に、ヘルシーなホワイトソースを作ることもできます。牛乳を混ぜて作る粉末のホワイトソースがあったのですが、牛乳を切らしている時に、牛乳の代わりに水を使ってみようと思ったのです。

でも、水だけではとろみがでないと思い、おからパウダーを加えてみました。すると、意外にも良い感じでホワイトソースが出来上がりました。おからの量は、作りながら、とろみを見て少しずつ足していきました。

そして、出来上がったホワイトソースでドリアを作ってみました。牛乳を使っていないので、カロリーも予算も少なめで仕上がって、しかも美味しく食べることができました。

眉間の化粧崩れ解消方法の模索

眉間の化粧崩れがずっと気になってて、どうやっても化粧が乗らない!
しかも化粧直後からボロボロの状態で…。

確かに肌そのものが多少ザラついてはいるんですが、そんなにザラつきの変わらない鼻はそこまでひどくないんです。

どうしたらいいんだろうと思い、ふとネットで検索してみたところ、質問サイトで同じ症状で悩んでる人がいました。

読んでたら、まず洗顔をしっかり泡立てなさいとの回答。これはもうやってるので関係なし…。

次にピーリングが必要との回答。確かにこれは一理あるかも…。でも私の肌は擦る刺激にものすごく弱くて、すぐ赤くなったりピリピリしたりかゆくなったりするので、たぶん合わないかなぁ…。

次の答えは、スキンケアの後、すぐに次の下地やファンデを載せるからヨレる、というものでした。
でも、これも注意したことあるんですけど、スキンケアからの時間のあけ具合ってすごく難しいんですよね。
短いと浸透しきらないし、長いと今度は自分の脂が出てきて綺麗に載らない。
忙しい朝に化粧のことだけ考えてるわけじゃないですから…。

やっぱ簡単なのはないかーと思ってたら、もう一つ回答発見!

それが、スキンケアの後で時間を置けないなら、スキンケアの後に一回パウダーをはたいてしまう、というものでした。
これなら、パウダーはすでに持ってるのですぐに取り組めるし、簡単そうだぞ!と思い、さっそくやってみました!

質問サイトに辿り着くまでに、たまたまパウダーの正しい塗り方、という記事を発見してそれも読んでいたのですが、パフに多めにパウダーを載せて、揉み込んで残ったものを落として使う、が正しいんですね!
いつも容器をひっくり返してついた分だけを顔に伸ばしてました…。

これも踏まえて今朝化粧してみました!

すると、確かに眉間が、気になるほどボロボロな感じにならない!
完璧な陶器肌ほどではないですが、汚くはならないので、これはよかったです!
あとはどれぐらいこのいい状態が維持できるか、と乾燥しないかということですね。

しばらく様子を見てみたいと思います!

餃子の皮だらけの酒盛り

一人で家飲みがしたくなったのですが、これと言うおつまみが思い浮かびません。
いつも家飲みをする時には焼酎を始めとした日本酒に、枝豆や揚げ出し豆腐とか、あっさり目の和食をおつまみを合わせるんですが、今日はなんとなく和風って気分じゃありません。
お酒の方は、ビールとかワインとか洋酒はそれ程好きではないので、今日も日本酒にしますけど。

どうしようかなとネットでおつまみを適当に調べていると、餃子の皮を使ったおつまみレシピをいくつか発見。
そういえば冷凍庫に、前使った餃子の皮の余りが結構残ってたはずなので、消費するためにも、これを使うことにします。

まずは餃子の皮にケチャップを塗り、ピザ用チーズ、彩りとして刻んだパセリを乗せてオーブンで焼く、餃子マルゲリータ。
作り置きのガーリックバターで、餃子の皮をシンプルにパリっと炒めた、餃子ガーリックトースト。
ピザ用チーズを大葉と餃子の皮で巻いて、油で揚げ焼きにした、チーズの大葉餃子巻き。

この3つを、おつまみとして作ってみました。
一番手間が掛かった物でも、チーズを半分に切った大葉を乗せた皮で巻いて焼いただけと、どれも手間いらずで手軽に作れるのが良いですね。
餃子マルゲリータはともかく、他はたっぷりガーリックバターを使ってたり、揚げ焼きにしているので、ちょっと脂っぽいのが難点かもしれませんが、たまにはこってりしたおつまみで日本酒を飲むのも良いでしょう。

いざ飲み始めてみると、思ったよりもチーズの大葉餃子巻きが美味しいです。
チーズ餃子は食べたことがあるので、餃子とチーズは結構合うのは知ってましたが、大葉とチーズも結構合うものなんだなと関心しました。

餃子マルゲリータは、日本酒との相性がやや微妙な気がしましたが、料理としては発展性が一番高いと思いました。
和風ピザみたいにすれば、日本酒とも合いそうな気はします。

いつもは食べないようなおつまみでしたが、予想以上に満足です。
先にも言いましたが作るのも簡単ですし、この餃子の皮おつまみは、ちょくちょく頼りにしようと思います。