毛深い女の脱毛女史

毛深い女の脱毛女史
子供の頃から毛深い事が悩みです。
小学生の高学年の時には、男子から直接「毛深いな」と言われ、かなりのトラウマになっております。

■初めて買ったシェーバー。これで毛深いのを卒業?

中学に入り小遣いを貯めて、初めてシェーバーを買い「これでもう大丈夫だ!」と思いました。
ですが、シェーバーで毛を短くカットしても、跡はポツポツと黒いですし、次から生えてくる毛が
濃く太くなり、手触りはザラザラ、もう散々でした。
シェーバーさえあれば解決すると思っていた思春期の私は、物凄く落ち込みました。
テスト期間になると、現実逃避から勉強の合間に毛抜きでムダ毛をいっぱい抜いていました。

■成人したので、脱毛エステへ

自分の悩みは友人にあけっぴろげて相談するタイプでしたので、友人は皆私の毛深い悩みを知っていました。
その中の一人が「脱毛エステに体験行きたいから、良かったら一緒についてきてよ」と提案してくれました。
脱毛エステは色々営業されて大変と聞いていたので、若干不安で自分だけで行く気はなかったので
この友人からの提案は願ったりかなったりで、早速一緒に体験に行きました。

TBCのワキ脱毛体験で、結構痛かったのですがササっと処理してもらえ、特に営業もされず体験だけで
ジュースをもらって帰る事が出来ました。
毛のサイクルがあるので、その1回だけでワキがツルツルという事はありませんでしたが、しばらく
綺麗な状態だったので、これは受けて良かったと思いました。
ただ、数十万を美容の為に払える程の余裕はなかったので、それっきりエステには近付いていません。

■結局セルフでケア出来る脱毛器を購入

バイト代で脱毛器を買いました。
ヘッドの付け替えで、ワキやウデ、足の脱毛が出来て、シェーバーにもなるタイプです。
もともと肌が弱いので、ケア後は肌が粉っぽくなってしまいましたが、とにかく手軽に毛がガンガン抜けるので
重宝してよく使いました。
ただ、使えば使う程、ワキが黒ずんできましたし、完璧に抜くのは大変で、毛抜き(手作業)が必須でした。

結婚式の前もワキ等はセルフで処理していたので、派手に腕を上げる事は出来ず・・・。
一番いい時に、お金をかけてでもエステで処理しとけばよかったかなと今更ながら後悔しています。

私の脱毛に関連したリンク 
全身脱毛について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です